自動車買取で高く買ってもらえる車の特徴

自動車買取で高く買ってもらえる車にはいくつかの特徴があります。

自動車買取とボディーカラー

青い車

自動車買取サービスを利用するのであれば、ボディーカラーに注目しておくと、もしかしたら売値に意外なプラスアルファがついて得になるかもしれません。

たかがボディーカラーと思うかもしれませんが、そんなカラーが意外と評価されることがあるため、買取サービスを利用する際には一応注意しておくと良いです。

それに、人によってはたとえ性能が同じ車であっても、ボディーカラーの違いで別種の車と判断するような人もいたりするなど、ボディーカラーはデザイン性に大きく関連する要素であるために、大きく評価がわかれる要素となることがあるのです。

実際、自動車のボディーカラーというのは色々な種類があるものですが、まれに高い人気を集めるカラーが登場したりすることがあります。

具体的には、いわゆる限定カラーと呼ばれるボディーカラーがそれに該当します。

限定カラーというのは、限定と呼ばれるだけあって、様々な条件が重ならなければゲットできないカラーリングです。

そういった限定カラーの自動車は、たとえ性能に特質したものがないとしても、その限定生によって高いニーズがあるため、自然と買取査定額においても高く評価されることになるのです。

また、限定カラーでなくても、ニーズの高いカラーというのは存在するため、そういったボディーカラーをした車の場合、買取業者によっては評価がプラスされることだってあります。

具体的にはホワイトやブラックやパープルなどの無難な色が、無難だからこそニーズが高くなるため、評価されることがあるのです。

また、車種によってニーズの高いカラーが異なることも多く、いざ買取してもらったら高く評価されることだってあります。

そういったことがあるため、自動車買取サービスを利用する際に、よりお得に買取してもらいたいのであれば、ボディーカラーに注目することが大切です。

 

パーツの状態について

自動車買取サービスを利用するのであれば、パーツの状態にも注意するべきです。

自動車というのは精密機械であり、一度ボンネットを開ければ、様々なパーツが組み合わされています。

また、車内に存在するオーディオやカーナビなども立派なパーツの一種であり、自動車とは様々なパーツが集まって作られたパーツの複合体のようなものなのです。

だからこそ、自動車買取サービスを利用する際には、パーツについて十分に注意する必要があります。

実際、自動車に利用されているパーツが故障していたり、あるいは状態が悪くなっていれば、それが原因で売値が大幅に削られることだって可能性としてはありえます。

また、逆に自動車のそれぞれのパーツの状態が綺麗にまとまっていれば、査定や買取において自動車が通常よりも高く評価されたりすることだってあります。

さらには、もしも規定にはない特殊なカスタムパーツなどを付属している場合、取り付けたパーツの性能や価値によって、自動車の売値が大幅に上昇することもあるのです。

こういったことがあるため、自動車買取サービスを利用する際には、パーツの状態には注意しましょう。

たとえパーツをカスタムしていないとしても、パーツの状態次第では価値を低く見られてしまうことがあるため、買取サービスや査定サービスを利用する前に、パーツの状態について一度しっかりチェックしておくべきなのです。

そしてまた、もしも状態が悪くなっていれば、メンテナンスするなり掃除するなりしたりして、少しでも状態を良くしてから買取に踏み出すべきなのです。

もちろん、チェックしてみてパーツの状態が悪くなっていなかったとしても、買取や査定の際にはパーツを綺麗にしておくに越したことはありません。

 

車体のキズの関係性

自動車買取サービスを利用する予定の方にとって、自動車のキズをどうするかは非常に悩みどころとなります。

自動車を運転していれば、自然と砂や埃で車体にキズがつくため、キズというのはどうしても避けようがないものです。

そのため、自動車買取サービスを利用する際に、出来る限りキズを消そうと躍起になる人が非常に多いのです。

ですが、実のところ、キズというのは自動車買取サービスにおいてはそれほど重要視されていなかったりします。

前述した通り、自動車を運転していれば、キズというものは避けようがないものであるため、買取業者もキズについてはある程度大目に見ていることが多いのです。

もちろん、キズを出来る限り消して綺麗にできるのならそれに越したことはありません。

キズがあってもなくても、あまり売値に関係しない場合が多く、むしろキズを消すために必要とした労力や資金のことを考えれば損をすることだって十分に考えられます。

そういったことがあるため、もしもキズをどうするか悩んでいるのであれば、いっそ開き直ってそのまま買い取ってもらうのもひとつの選択肢なのです。

ただし、さすがに事故を起こしたりして、車体にあまりにも大きな傷跡が残ったりした場合は、査定や買取額に大きなマイナス評価が加わることになるのも事実です。

大事なのはキズの深さであり、キズの深さに応じて買取業者の対応も変わってくるので、ケースバイケースに応じてキズを処理するかどうか判断しなければならないのです。


 

事故の影響

自動車買取サービスを利用する場合において、特にマイナス評価になりやすいのは、事故の経験がある車かどうかという点です。

一度事故を起こした車は、事故による後遺症で車体がイカれている場合が多く、まともに売ることすらできないものです。

また、運良く損傷があまり深いものではなかったため、修理することができたとしてもダメです。

一度事故を起こしたという事実により、売ることはできても、安く買い叩かれるものとなっています。

たとえ事故車であっても、ちゃんと動くし、自動車としての性能が損なわれたわけじゃないからいいじゃないかと思うかもしれません。

事故車というのは一種のいわくつきの称号であるため、お店側からすれば、買い取ってもまともに売り物にならないものなのです。


実際、事故車というのは不吉だったり、不良品というイメージが根強いため、よっぽど車に無頓着だったり、お金がない人でない限りは敬遠するものであります。

ニーズがほとんどないため、買い取ってもほとんど意味がないものなのです。

一応はニーズが完全に無いわけではないため、まったく意味がないというわけではありませんが、それでも売れるかどうか怪しいものです。

このように買取業者からすれば事故車というのは売れるかどうか分からない不良品になる可能性が高くなります。

買い取るだけでリスクが発生するため、必然的に買取価格も安くなったり、それ以前に買い取ってもらえないことが多くなるのです。

そのため、もしも事故車を買取サービスで引き取ってもらうつもりなら、買い叩かれることを覚悟しなければなりません。

事故車であることを報告しないという手もありますが、相手はプロなので、たとえ隠してもすぐバレてしまう可能性が高いです。

そしてまた、事故車であることを隠していたことがバレれば、隠し事をしたという悪印象から、ますます売値を引き下げられてしまうことになります。

事故車であることを隠すのは絶対にやめておきましょう。

なお、たとえ事故を起こした車であっても、車の損傷があまりにも少ない場合は、事故車と判断されない場合があります。

一度事故を起こした車であっても、諦めずに事故車と認定されるか一度確認してみると良いです。


 

高額買取と同じくらい大切な金利比較

パソコンで金利比較

自動車を高く買ってもらうように買取業者を比較して高額買取してもらうことと同じくらい大切なのが、マイカーローンの金利を比較することです。

マイカーローン金利は金融機関ごとに違い、さらに時期によっても金利は変わります。

そのため、車を購入するタイミングでどの金融機関からお金を借りるかを予め決めておくことが大切です。

しかし、金利比較って結構大変なんですよね。

今はインターネットが普及しているので、WEBサイトで金利比較は簡単にできます。

それでもマイカーローンには金利だけでなく、保証料や事務手数料などの費用が発生する場合もあります。

そのため自分にとって、どのマイカーローンを利用するのが一番お得か比較しやすいサイトを利用することが賢い比較方法です。

マイカーローン金利比較の情報をまとめたサイト(金利が安いマイカーローン)がありますので、一度チェックしてみてください。

ディーラーに薦められるがままに金利の高いディーラーローンを組んでしまっては、数万円の損をしてしまうかもしれませんよ。